M's ファッション

話題の「新⽣・⻄川ダウン」から、アーバン アウトドアな機能美モデルを厳選。

GOOUT掲載
2020/12/04

⽇本を代表する⽼舗寝具メーカーの⻄川と、最新鋭のアーバンスタイルを発信するナノ・ユニバースによる話題のコラボレーベル「⻄川ダウン」。
今までに数々のヒットアイテムを⽣み出してきたが、今季より⼤幅なリニューアルを敢⾏。「新⽣・⻄川ダウン」として、さらに洗練されたコレクションを展開している。
そのなかから、街でもフィールドでも⼤活躍するアーバンアウトドアな機能美モデルを厳選案内!!



防⾵性と軽量性を特化したレーベル[SHIELD] からウェブ限定でリリースされるマツミダウンは、定番のマウンテンパーカをベースにしながらも、ミニマムかつスタイリッシュなデザインで仕上げたアーバンな⼀着。

優れた防⾵性に加え、快適素材のマルチソロテックスを採⽤することで、上品な⾵合いと驚くほどのストレッチ性も実現。タウンユースなデザインながら、アクティブシーンでもストレスフリーの着⼼地を追求している。

中わたは⾼品質なフレンチダックを封⼊。⻄川の独⾃技術、フレッシュアップ加⼯®により、より⾼い保温⼒と抗菌⼒を併せ持つ、最⾼級ダウンへと進化させている。

ポリウレタンコーティングを施した⾼級感のある裏地と、⾵や冷気の侵⼊を防ぐパウダーガードが防⾵性をアップ。そして袖部分にはブランドロゴがプリントされた⾯ファスナーのベルクロを装備。デザインと機能性を両⽴させたギミックが随所に仕込まれている。
カラバリは、ミリタリーな無⾻さを抑えたソリッドなカーキ以外に、ブラックやネイビー、バイオレットもあり。



天然素材のダウンと多機能な⻄川合繊わたを融合したレーベル[HYBRID]。こちらのアークティックダウンは、エリア別の快適性を追求した画期的なモデル。
⽇本全国をノース、イースト、ウエスト、サウスの4エリアに分け、その主要都市の冬の平均気温から、各エリアで着⽤するのに最適なダウン量等を調整している。

デザインはベーシックなダウンパーカで、ほどよいボリュームと少しゆとりを保たせたシルエットが特徴的。さりげなくミリタリーテイストをプラスすることで、アーバンな中にもオトコらしさが表現されている。

中わたには、前⾝頃とフード部分に⻄川合繊わた、後⾝頃には⾼品質で衛⽣的な⻄川ダウンを採⽤したハイブリッド仕様。快適な着⼼地は、適材適所に配置された素材による影響も⼤きい。

リアルな質感を追求したフードのフェイクファー(サウス、イースト)は脱着可能なので、スタイルや気候に合わせて使い分けることができる。

「サウス」は、ボリュームを70(ノースは100)に抑えられているが、もちろん実際に⾃分が住んでいる街とは異なるエリアのモデルを選ぶことも可能。冬キャンプなどの外遊びで使いたいから、保温性に優れた「ノース」を着⽤したい、なんて選択肢もあり。

カラバリはこちらのロイヤルブルーに加え、ブラックも⽤意されているため、⾃⾝のライフスタイルに合わせて、好きなカラーリングとシルエット(ロフトのボリューム感)をセレクトしよう。



最後の⼀着は、[HYBRID]レーベルから登場した、マウンテンコート。ダウンが封⼊されているとは思えないほどソリッドなシルエットとミニマムなデザインで、アーバンなスタイルを強調。カジュアルな軽量コートに仕上げらているため、⽇常でさらっと⽻織りたい。

それでいて、フロントには4つのポケットを装備して、収納⼒もしっかりと確保。極薄のラミネートコーディングで防⾵性を⾼めているため、旅先やフィールドでも重宝する万能アウターとなっている。

こちらのカラバリは、ブラック、グレー、ネイビーの3⾊展開。どのカラーリングもマットな質感で⾼級感のある⾵合いが魅⼒的。

⼀⾒するとダウンアイテムっぽくないが、裏地を⾒るとキルト加⼯でしっかりとダウンが封⼊されていることがわかる。もちろん中わたはフレンチダックをフレッシュアップ加⼯®で仕上げた⻄川ダウン®クオリティ。そのため、この薄さ(最⼩量)でも、確かな保温⼒を発揮してくれる。

そして襟元はフードを収納してスタンドカラーにすることも可能。表地はシワになりにくい素材で、撥⽔加⼯も施されているため、様々なシーンに対応してくれそう。

伝統と⾰新を追求する異⾊コンビが新提案する機能美アイテムは、どれもアーバンアウトドアスタルの新定番になりそうなものばかり。もちろん今回紹介したモデル以外にも、スタイリッシュなダウンウエアが揃っている。
外遊びを満喫しつつ、ワンランク上のオトナな着こなしを楽しみたいなら「新⽣・⻄川ダウン」から⽬が離せない。

Photo/Shouta Kikuchi
Styling/Tomoyuki Sasaki
Model/Junya Kasuga