M's ファッション

リピーター急増中の “ツンデレ”美脚パンツとは?

e-Begin掲載アイテム
2019/10/25
original

一見すると、よくあるグレースラックスの“どこがツンデレ?”といぶかることなかれ。実は、穿いた人だけが実感できる、抜群の保温性と柔らかさを併せ持った機能性パンツなのです。外面はきっちり真面目なのに、内側はほっこり柔らか。そんな二面性をツンデレと称しているのです。先シーズンに人気を博したパンツを、素材とシルエットを見直し、さらなるアップデートを加えた、この冬の本命をご紹介します。

《TOP画像着用アイテム》
ル・トリコチュールのニット 21,780円(tax in)
ナノ・ユニバースのイージースラックス 8,690円(tax in)
ナノ・ユニバースのシューズ 18,700円(tax in)



ダウンやコートなど、防寒性に優れたアウターはたくさん選択肢があるのに、パンツは案外少ない。スポーティなスウェットパンツやフリースパンツがほとんどで、どうにもカジュアル過ぎる……。そこで推奨するのが、いつものスラックスやジーンズのように着回せて、冬でも暖かく過ごせる救世主 “ナノ サーモ イージースラックス”です。




その秘密は、“ナノ サーモ”と命名したオリジナル素材。表面はオーセンティックで上品な印象のツイルなのですが、裏面を起毛することでスウェットパンツのような暖かさとふんわり感をもたらしてくれるのです。さらに、タテ・ヨコに伸縮するストレッチ素材でもあるので、動きを妨げず快適な穿き心地が楽しめるのです。
今シーズンはタイトテーパードにデザインして美脚効果を高め、ジャケットやコートとの相性も抜群。真面目で正統派な着こなしでも、穿いている人だけが暖かさと柔らかさを楽しめるという訳。アクティブに過ごす休日も、保温性とストレッチ性が発揮され快適なのです。それでは、実際の着こなし例を下記にご紹介していきましょう。





“テーパード”を活かしたきれいめカジュアル

ウールスラックスのようなドレス感がある素材なので、エレガントなポロコートにも違和感なく合わせられます。同時にすっきりと細身でテーパードが効いているから、足長効果も発揮。トップスはゆったりとしたサイジングでも、ボトムスがタイトならバランス良くまとまります。

コーディネートアイテム
バルトのコート 140,800円(tax in)
ル・トリコチュールのニット 21,780円(tax in)
ナノ・ユニバースのイージースラックス 8,690円(tax in)
ナノ・ユニバースのシューズ 18,700円(tax in)





“きちんと見え”するからビジネスにも対応

ネイビージャケットにグレースラックスという王道のビジネススタイルにも対応。凍えるような外回りの日でも、下にタイツを穿く必要がなく、暖かく過ごせるのです。

コーディネートアイテム
ナノ・ユニバースのジャケット 30,800円(tax in)
ナノ・ユニバースのシャツ 7,920円(tax in)
ナノ・ユニバースのイージースラックス 8,690円(tax in)
チェルベロ×ナノ・ユニバースのシューズ 25,300円(tax in)
ダニエル&ボブ×ナノ・ユニバースのバッグ 83,600円(tax in)
フランコ バッシのタイ 17,600円(tax in)
カラブレーゼのチーフ 6,380円(tax in)





動きやすくて暖かいから“アクティブ”な週末に

抜群のストレッチ性と美脚シルエットが自慢のイージースラックスだから、自転車とともに過ごす週末にも活躍。アクティブで都会的なモノトーンスタイルにも欠かせない1本に。この冬、ヘビーローテーション確実となりそう。

コーディネートアイテム
ナノ・ユニバースのマウンテンパーカ 18,480円(tax in)
カリマー×ナノ・ユニバースのインナーブルゾン 20,900円(tax in)
ナノ・ユニバースのTシャツ 8,690円(tax in)
ナノ・ユニバースのイージースラックス 8,690円(tax in)(tax in)
ウィルラウンジのスニーカー 17,600円(tax in)





カジュアル重視派には“5ポケット”がおすすめ

ジーンズと同じ感覚で着回せる、同素材の5ポケットデザインもラインナップ。ダウンと組み合わせれば、凍えるような日の外出も安心。こちらのオリーブグリーンの他に、ネイビーとブラックが有り。

コーディネートアイテム
カリマー×ナノ・ユニバースのダウンコート 41,800円(tax in)
レミ レリーフ×ナノ・ユニバースのスウェット 16,500円(tax in)
ナノ・ユニバースの5Pパンツ 8,690円(tax in)
ニューバランスのスニーカー 14,080円(tax in)






 




“ツンデレ”っぷりを、WEBメディア「e-Begin」が徹底解剖!コーデと併せてご確認ください。



製作:e-Begin編集部
【写真=若林武志 構成・文=川瀬拓郎 スタイリング=佐々木誠 ヘアメイク=Sachi】