《ナノ・ユニバース》と迎える秋

nano・universe with good buddy for early autumn
2018/08/31
original

【men's FUDGE 2018年10月号掲載】

高感度なセレクトと今の時代感を反映したオリジナル。この二本軸からモダンなヨーロピアンスタイルにアプローチする人気セレクトショップ 《ナノ・ユニバース》より今季の新作が到着した。ここでは、秋口から愛用できるライダースジャケットを着こなしとともにご紹介しよう。

程よい“重み”へと調和した品行方正な大人の着こなし方

ベージュのウールスラックスにハイゲージのVネックニットをタックイン。この品のある着合わせで、ライダースジャケットが持つ無骨さを程よくソフトに調和。襟元から真っ白なTシャツをさらりと覗かせることで、清潔感と抜け感を加える。さり気なく晩夏の雰囲気を残したこのバランスも、今の季節らしくていい。

nano・universeのライダースジャケット ¥36500、nano LIBRARYのニット ¥15500、ロングスリーブTシャツ ¥5200、MAISON FLANEURのパンツ ¥45000(すべてナノ・ユニバースカスタマーサービス)
※すべて税抜価格

オイルドレザー Sライダース


¥39,420(tax in)


アイテムを見る

着こなしをぐっと引き締める 夏から秋へのシフトスタイル

ヘンリーネックTシャツにリブパンツ、キャップ、スニーカー。いかにも夏的なこの着こなしも、セミダブルのライダースジャケットを羽織るだけで初秋ムードにシフトチェンジできるという一例。"かっちり"と着込むより、ライトな雰囲気で肩肘張らずにまとめる。このリラックス感のある雰囲気も今の気分にぴったり。

nano・universe のライダースジャケット ¥36800、 nano LIBRARYのヘンリーネックTシャツ ¥4800、パンツ ¥14500、New Balanceのスニーカー ¥12000、MAISON Birth×nano・universe のキャップ ¥10000(すべてナノ・ユニバースカスタマーサービス)、他スタイリスト私物
※すべて税抜価格

オイルドレザー セミダブルライダース


¥39,744(tax in)


アイテムを見る

柔軟なコーディネートが楽しめる都会派のライダースジャケット

 流行り廃りなくタイムレスに愛されるレザージャケット。一昔前までは"男臭く着るべきもの"というイメージがあったものの、それは頭でっかちな考え方。たった一着羽織るだけで、なんだか男前。それならば、これを逆手にとって着崩す方が今っぽさが纏えて、コーディネートの幅も広がるのでは?

 例えば、ベージュの柔らかなカラーリングを纏ったスラックスでクリーンさを装ってもいいし、リブパンツ×スニーカーのスポーティミックスで軽快にまとめてみるのも一つの手。リラックスムード一辺倒な今の時代こそ、レザージャケットが持つハードさを着こなしの"ニュアンス"加えてみる。こんな風に思考回路をほんの少しシフトするだけで無骨さだってモダンに楽しむことができるのだ。

 そんな日常感とともに愛用できるライダースジャケットを提案すべく《ナノ・ユニバース》から誕生したのが、肌触りしなやかなシープハイドを使用した本作。その上質な素材感はもちろん、ディテールを隅々までブラックに統一することでアレンジを効 かせているのが特徴。実はこれこそが、洗練されたデザインへと導く鍵。シルバーパーツを排した都会的なデザインは、こんな現代的な合わせと相性がいいのは見ての通り。着まわしの自由度が高く、腰を据えてじっくりと愛用できる。そんな頼れる相棒と一緒に、来る秋を迎えてみてはいかがだろう。

ウォッシュ加工が施されたオイルド・シープレザーを使用することで、味のある表情としなやかな着心地を兼備したライダースジャケット。ライナーには《インビスタ》社の軽量保温素材である「サーモライト®」ファブリックを採用。その機能美はもちろん、ファスナーまでオールブラックで統一された洗練のデザインもまた魅力的だ。

左:オイルドレザー セミダブルライダース


¥39,744(tax in)


アイテムを見る

右:オイルドレザー Sライダース


¥39,420(tax in)


アイテムを見る

ナノ・ユニバース カスタマーサービス
tel:0800-800-9921

photo : Takeshi Sasaki
styling : Kiichiro Aoki
hair&make : Akihito Hayami
model : Nils
design : G.M.P.inc.