M's ファッション

トリプルコラボのダウンジャケットが誕生!

MOUNTAIN RESEARCH × NISHIKAWA DOWN × nano alter
2017/12/26
Original

nano alterの第6弾は、「部屋で着れるダウン」をコンセプトにしたトリプルコラボ!

nano alterの第6弾は、MOUNTAIN RESEARCHの小林節正さんを迎え、西川ダウンを使用したジャケットを製作。「部屋で着れるダウン」をコンセプトに羽織る感覚を最大限に生かした楽チン・ダウンジャケット、注目株です。

ダウンジャケットの誕生はオイルショック時代の産物だった?

デッツ松田(以下、D)_小林さんと知り合ったのいつか覚えてます?

小林節正(以下、K)_いつだっけ? 90年代初頭?

D_アンダーカバーが初めてランウェイをやった時にはもう知っていたような気がするのですが、どこの場所でどういう形で出会ったかは覚えてないんですよね。

K_じゃあ、94年にはもう出会っていたんだね。

D_ひょっとしたら、芝浦GOLDみたいなクラブで出会ったのかもしれないですね。

K_そうかもね。いづれにせよ、もう長い仲だよね。でも、こうやって2人で写真を撮られるのは初めてじゃない?

D_確かに。そうですね。
今回は、ダウンジャケットというお題があってのオファーだったのですが、いかがでしたか?

K_たった数回の打ち合わせしかしていないのにとても良い出来栄えだよね。

D_小林さんは特にどのあたりに気を遣ってデザインされました?

K_袖の太さとか袖口とか、あとは襟の部分かな。
今回はリブを使わずに、共地でダウンを入れて作ったんだけど、綺麗に出来たよね。
そもそも部屋で羽織るっていう発想がスタートだったから、リブにしちゃうより共地の方が良かったよね。

D_そうですね。最初、小林さんからそのテーマを聞いた時はちょっと意外だったんですけどね(笑)。

K_いや、外で着るかっこいいダウンジャケットはきっとナノ・ユニバースさんにはたくさんあるでしょう(笑)。
せっかく一緒にやるんだから、こんな考え方のダウンジャケットだと、ちゃんと意味があっていいでしょ!?

D_そうですね。リバーシブル仕様で裏側にはMOUNTAIN RESEACHで使用しているクマのプリントも入っています。

K_ダウンジャケットって、70年代に誕生したんだけど、当時はオイルショックの時代で、省エネのために部屋の中で着るウエアとしてダウンジャケットが発売されたって話を聞いたことがあって、今回はそういうことも含めて部屋着版を作りたかったんだよね。

D_うわ。いい話だ(笑)。しかも、ナノ・ユニバースとくれば西川ダウンなので、今回はトリプルコラボになっております。

K_これは凄いよね。
このクオリティをこの価格でできるのはナノ・ユニバースさんと西川さんの関係があってのものだよね。

D_できれば僕はリビングにコタツを導入してこのジャケットを羽織ってTVを観るという冬生活が理想ですね(笑)。
小林さん、また何かあったらお願いしますね。

K_こちらこそ、今回はありがとう。
是非また、お願いします。

ITEMS



MOUNTAIN RESEARCH × NISHIKAWA DOWN × nano alterのトリプルコラボが実現したダウンジャケット。
リバーシブル仕様で裏側には、MOUNTAIN RESEARCHでお馴染みのクマプリントが入っている。
カラーは、ブラックとカーキの2色。

 
MOUNTAIN RESEARCH × NISHIKAWA DOWN × nano alterのトリプルコラボ ダウンジャケット
¥25,000(税別)
商品ページで更に詳しく見る  
 
 
 
前回のコラボレーション
〈 nano alter vol.5
× tr.4 suspension & made in GM japan 〉


〈 nano alter vol.4
× ダウンオン・ザ・コーナー 〉



高木完、細谷武司、スケートシング、、過去の豪華対談アーカイブ
過去の対談とアイテムを見る