M's ファッション

『アメリカの老舗スポーツウェアブランドとの別注Tシャツ』

2017/05/12
Original

Featured Item

世界で初めてスウェットシャツ、ラバープリントを開発し、全米のスクール、カレッジのユニフォームとしてアメリカ人なら誰もが知っているスポーツウェアブランド「RUSSELL」の別注リメイクTeeが登場。古着のプリントTeeを繋ぎ合わせたようなデザインが特徴で、1枚で着こなしても存在感のあるアイテムです。また、着込むごとにユーズド感が増し、よりリアルな古着の表情に仕上がっていきますので、毎シーズン異なる表情でご着用をお楽しみ頂けます。

半身ずつプリントした身頃をつなぎ合わせて1枚にしたリメイクデザインTシャツ。プリント部分は、不自然さが出ないよう異なる柄のデータサイズをリタッチして繋げ合わせており、一体感がございます。また、後ろ見頃のつなぎ目の縫製には、三本針ミシンを使用しており、バックスタイルにもこだわりを見せます。
PRICE:¥6,048(tax in)

パーツずつプリントしたものを縫い合わせ1枚にしたリメイクデザインTシャツ。縮み等が発生している本物の古着では表現が難しい同じ柄の異なるカラーを合わたプリントがポイントで、Tシャツに一体感を出しています。また、バックスタイルにもこだわり、後ろ見頃のつなぎ目の縫製には三本針ミシンを使用し、縫い目もデザイン要素として仕上げています。
PRICE:¥6,048(tax in)

RUSSELL(ラッセル)
1902年、アメリカ、アラバマ州 アレキサンダー・シティで、ベンジャミン・ラッセルによってスタートしたラッセル。1920年代初頭に世界で始めてスウェットシャツの原型を作り、1938年には世界初のラバープリントを開発。(現在のアメリカン・ラバープリントの原型)その後、その技術を使って全米のスクール、カレッジのユニフォーム、各校のブックストアに学校の名前、ロゴが入ったスウェットシャツを普及させた。1980~90年代にはアメリカのプロスポーツ(NFL・MLB)などとサプライヤー契約を結び、ラッセルの「R」マーク(イーグル・R)を全米に根付かせた。