M's ファッション

『最高品質ベルギーリネンを使用したシャツが登場』

2017/04/14
Original

Featured Item

春夏のマストアイテムとして挙げられるリネンシャツに最高品質のベルギーリネンを使用したアイテムが登場。今回、ナノ・ユニバースが素材として提供して頂いたのが、ベルギーのメルベケに本社を構えるリベコ・ラガエ社のハウスホールドリネンブランド「LIBECO」。オーガニックにも拘ったナチュラルな風合いのリネン生地を、リラックス感漂うデザイン、シルエットのアイテムに仕上げ、見た目にも着心地にもリネンの特性を生かしました。最高品質のリネンシャツで是非、快適なシーズンをお過ごしください。オーバーサイズのプルオーバーシャツ。襟もとはスラッシュを入れてキーネックにしているので、着用がしやすく、リラックスした着こなしがお楽しみ頂けます。

オーバーサイズのプルオーバーシャツ。襟もとはスラッシュを入れてキーネックにしているので、着用がしやすく、リラックスした着こなしがお楽しみ頂けます。
LIBECO ドクターシャツ、¥13,824(tax in)

袖のカッティングが特徴的でナチュラルなドロップショルダーを作るために身頃から袖を一続きにしています。シルエットのユル感と素材感が相まって、よりナチュラル雰囲気が演出されます。
LIBECO ルーズフィットシャツ、¥15,984(tax in)

LIBECO(リベコ)
ベルギーのメルベケに本社を構える
リベコ・ラガエ社のハウスホールド
リネンブランド。

リベコ・ラガエ社
フランダース地方では何百年もの間、亜麻が育てられ、リネンが織られてきました。古くからリネン産業の中心地であったコルトレイクの近くに位置するメルベケは18世紀頃にはリネンの大規模な生産が行われる村のひとつとして知られるようになっていました。1800年代に入るころには、メルベケの周辺には何十もの織物会社がありましたが、現代まで続くただ2つの会社、ラガエ・リネンズとリベコが相互に補うようにして1997年、リベコ・ラガエ社が誕生。創業から150年以上経った現在も、良質なリネンを織り続けており、栽培・紡績・織り上げを現地で行う正真正銘のベルギーリネンで衣類だけでなく寝具や生活雑貨として幅広く使われています。