M's ファッション

着こなし術

2017/01/27
Original

Snap&Item

≪イージーパンツ≫着こなし特集

トレンドのイージーパンツの着こなしをスタイリング解説と共にご紹介。今回は、個性の異なる5つのイージーパンツを2スタイルに分け、それぞれの着こなしポイントをご紹介させて頂きます。同じイージーパンツでもコーディネートに合わせるアイテムの素材、シルエット、カラーによって全く違う表情を引き出す事が出来き、季節やシーンに合わせた着こなしが楽しめます。コーディネートポイントをおさえることで、着こなしの幅もぐっと広がりますので是非、今後の参考例としてご覧下さい。

①ワイドスラックス

¥8,900+tax

コーディネート

左:落ち感のある素材を使用したボトムスは、寒い季節ボリュームのあるダウンベストを合わせてもスッキリ決まります。またワイドパンツに合わせるトップスは、着丈が短めなものをチョイスするとバランス良く着こなせます。

右:薄手のニットなどの定番アイテムにワイドパンツを合わせるだけでトレンド感を演出できます。春になったらリネンなど素材感の違うアイテムをワントーンで合わせることで、モードな印象にもなるのでオススメです。

②ハイブリッド2WAYイージーPT

¥9,800+tax

コーディネート

左:裾の後ろ部分にゴムを内蔵している事で、コーディネートによって丈を変化させる事が出来るハイブリッド2WAYイージーPT。上のコーディネートのようにハイカットのスニーカーを合わせて、カジュアルに着こなす事が出来ます。

右:裾はそのままに同素材のジャケットと合わせればコーデ1とは違い、キレイ目なコーディネートも作る事が出来ます。撥水性も兼ね備えており、汚れにくいのでガシガシ履く事が出来ます。

③テロマエポンチテーパードPT

¥11,000+tax

コーディネート

左:裾に向けて綺麗なテーパードがきいているイージーパンツは、流行のMA-1に合わせても、いつもとは違う引き締まった印象になります。短めの丈なのでソックスや素足などでアクセントを付ける事も出来ます。

右:イージーパンツでありながらも色のトーンでモードな印象にも。細身のシルエットなので、ロング丈のシャツを合わせても、もたつかずに着こなせます。生地もしっかりしていて、野暮ったい印象は全くありません。

④ボンディングイージーテーパードPT

¥8,600+tax

コーディネート

左:ドローコードが外ではなく内側についてあるタイプなので、あえてトップスをインしてベルトで遊ぶことも出来ます。カット生地を用いている事で、肌触りも良く履き心地の良いアイテムです。

右:スラックスタイプのデザインの裏にカット生地をはり合せたイージーパンツ。スッキリしたデザインなので、シャツやストールなどで首回りにボリュームを持たせると良いバランスを作れます。

⑤ストライプイージーPT

¥9,300+tax

コーディネート

左:腰周りに余裕を持たせ程よくテーパードした今季らしい太めシルエットが韻書的なキレイ目スラックス。細身のトップスで合わせる事で上品な大人のカジュアルスタイルを構築できます。

右:ワイドでさらにテーパードが掛かっているので足首を見せる事でスッキリとした印象になります。ストライプが入っているので、同色のトップスに合わせてもメリハリを付けられます。このようにミリタリーテイストにもマッチする万能タイプです。