M's ファッション

HYSTERIC GLAMOUR × nano alter

nano alter第7弾に伝説的東京ブランド、HYSTERIC GLAMOURが登場!
2018/06/15
original

ロックやポルノグラフィなど時代的なポップアイコンをクロージングに落とし込み、さらには洗練されたシルエットやディテール、テクニカルな縫製や素材開発など圧倒的な世界観を持つブランド、ヒステリックグラマー。
1984年から一貫したそのスタイルにファンも多いHYSTERIC GLAMOURとnano alterが初のコラボレーションを展開する。



70年代のハードロックバンドに触発された秀作。

デッツ松田(以下、D)_ノブちゃんと話するのは、本当に久しぶりだよね。

北村信彦(以下、K)_そうだね。クラブやライブでは顔を合わせるんだけど、こうやって2人でね、話をするのは。

D_もしかすると20年ぐらいぶりかも(笑)。
初めてきちんと話したのって、僕が以前に所属していた編集プロダクションの部下と当時HYSTERIC GLAMOURでプレスをしていた女性の結婚式の時じゃないかな。

K_ああ、そうかもね。でも、共通の知り合いはいっぱいいるよね。
国内外に(笑)。(藤原)ヒロシや(高木)完ちゃんにジョニオもそうだし、ロンドンのマイケルやアレックス。それこそ、数え切れないぐらい。

D_そう。だけど、話をキチンとする機会がなかった(笑)。
完ちゃんもそうなんだけど、同世代でロックの話すると面白いから、もっと話したかったんだけどね(笑)。
まあ、とにかくそんなに久しぶりだったのですが、今回はnano alterでぜひやりたかったブランドだったのですごく嬉しい。しかも、これ最高のデザイン。
nano alterをキッチリとHYSTERIC GLAMOURの世界に落とし込んだデザインはもう流石だなぁと!

K_これはね、それこそ以前に(GIMME5の)マイケルと音は別にしてかっこいいアートグラフィックのバンドの話をしたことがあって、その時に上がった一つのバンドにインスパイアされてデザインしたんだ。

D_そうなんだ。誰か聞いていい?

K_知ってるかなあ? ナザレスってバンド。

D_ナザレス! 音は覚えてないけど、70年代のハードロックバンドだよね?

K_そう。nano alterがNで始まるレーベル名だから、もうナザレスしかないなと。このネタをやっと使えるなと(笑)。

D_若い子がこのTシャツみたら、「メタリカっぽいですね」っていうかも(笑)。
ナザレスは渋谷陽一のロック講座で紹介されていたのを聞いたのかもなぁ。

K_そうそう。僕らはラジオ世代だからねぇ。でも、ナザレスのジャケットというかロゴデザインはカッコ良かったからそれをはめてみました。

D_いや、でもこのピスネームの配置も絶妙だし、これはこの夏、着る機会が増えること間違いないわ(笑)。
そして、実はこのコラボレーションは序章で秋冬に向けてもう少しアイテムを展開していきます。

K_そうだね。nano alterとデッツくんのイメージにもう少し踏み込んでジャケットやボトムスなどいくつか作れるといいね。

D_うん。秋冬もそこにHYSTERIC GLAMOURさをプラスしたものをよろしくお願いします!




ITEMS

70年代に活躍し、現在もまだ健在のハードロックバンド、ナザレスにインスパイアされたロゴTシャツ。
こちらは背面の首後ろ部分にHYSTERIC GLAMOURのロゴが使用されている。

 
別注HYSTERIC GLAMOUR CIRCLE HEAD
item no.6708224004
税抜:9,800円(税込10,584円)
商品ページで更に詳しく見る  




HYSTERIC GLAMOURとnano alterが上手く表現されたロックT。後ろ身頃の底面につけられたピスネームのあしらいも絶妙の1枚。

 
別注HYSTERIC GLAMOUR WOMAN SKULL
item no.6708224003
税抜:8,800円(税込9,504円)
商品ページで更に詳しく見る  



 
nano alter
これまでの豪華対談アーカイブ
archiveを見る  




 
ヒステリックグラマー直営通販サイト販売ページ(※外部サイトへ繋がります)
HYSTERIC GLAMOUR ONLINE STORE