新しい
ワークスタイルへ

このTシャツが、
ビジネスシーンを変える

本当の変化は
これから_

働き方改革、コロナ禍、なによりも働く私達の意識の変化。ワークスタイルが変わりつつあります。企業としてどうすればいいのか?絶対的な正解はありません。答えはひとつではないのだと思います。ただ、私たちはこの変化を恐れることなく「新しいワークスタイルをつくっていくぞ!」と考えています。

ビジネスシーンを変えるTシャツ

FORMAL JERSEY

フォーマルジャージー

01

ビジネスシーンを変えるTシャツ

FORMAL JERSEY

フォーマルジャージー

COLOR:

ONLINE SHOP

パンツの外に出しても
ダラしなくない!

1枚でもフォーマルに見える、ビジネスシーンに相応しいTシャツです。光沢感のある上品な素材は、型崩れしにくく、着心地も抜群。スウェットのように裾がリブ仕様になっていることで、パンツの外に出してもダラしなくありません。

POINT
裾がリブ仕様に!

ビジネスシーンを変えるTシャツ

JACKET T-SHIRT

ジャケT

02

ビジネスシーンを変えるTシャツ

JACKET T-SHIRT

ジャケT

COLOR:

ONLINE SHOP

「ジャケットの中に着る」
そのために作ったTシャツ

一般的なクルーネックよりも高く設定された後襟に注目!この仕様には、ジャケットの襟裏に皮脂がつきにくい、IDホルダーをかけた時にコードが素肌に当たらないというメリットがあります。毛羽の少ないツルッとした素材感もビジネスパーソンから支持されています。

POINT
ネック部分のリブを
後ろだけ高くしました!

ビジネスシーンを変えるTシャツ

ANTI SOAKED

アンチソーキッド

03

ビジネスシーンを変えるTシャツ

ANTI SOAKED

アンチソーキッド

COLOR:

ONLINE SHOP

自転車通勤にも最適!
汗ジミ防止の特別素材

しっかりと汗は吸い込みつつ、表面では汗ジミが目立たない――そんな汗ジミ防止機能に加えて、遮熱効果、UVカット機能を備えた夏のビジネスパーソンにぴったりのTシャツです。豊富なカラー展開でさまざまなビジネスシーンに対応しています。

POINT
不思議!?
汗をかいても目立たない

ビジネスシーンを変える小物

BIZ CHIEF

ビズチーフ

04

ビジネスシーンを変える小物

BIZ CHIEF

ビズチーフ

COLOR:

ONLINE SHOP

誰でも、簡単に、
フォーマルスタイルへ

フォーマルスタイルに欠かせないポケットチーフ。サイズを通常のチーフの1/3にすることで、誰もが簡単に扱えるのが「ビズチーフ」です。2回折って、胸ポケットに挿し込むだけ!

POINT
フォーマル感がアップ!

「本当の変化はこれから_」プロジェクト
賛同企業の取り組み

ナノ・ユニバースによる「本当の変化はこれから_」プロジェクトは、ほかの企業からも賛同をいただいています。それぞれ業種が違います。環境も違います。考え方も違うでしょう。けれども「新しいワークスタイルへの取り組みをはじめている」という共通点があります。

Voice01

キャッシュレスが下げる
社会課題に取り組むハードル

三井住友カード株式会社

キャッシュレスによる新しい暮らし方を提案している三井住友カード。その“暮らし方”のなかには、ビジネスシーンも含まれていると、同社マーケティング本部の原さんは言います。「一般的には還元率などおトクに目がいきがちですが、キャッシュレスの本質的な価値は、支払い時の体験やATMでの現金の引き出しなどの負担やストレス軽減にあります。その価値はプライベートでも、ビジネスでも変わりません」。たしかに。働き方が多様化し、在宅ワークが増えた現在ではなおさら、キャッシュレスはインフラのような役割を担っています。くわえて、コロナ禍のなかで飲食店支援も兼ねてデリバリー需要が増加しましたが、それもキャッシュレスがあってこそ、です。「そういった利便性に加えて、私達が取り組んでいるのが、社会課題解決への貢献です。例えば、日本にはまだまだドネーション文化が根付いていませんが、カードなら寄付も簡単です」。
すでに同社は『#タッチハッピー』というプロジェクトを開始しています。「このプロジェクトは、Visaのタッチ決済をする度に1円が寄付されるというもの。例えば2020年6月現在は、ひとり親世帯の病児保育の支援を行っています」。今、世界中でSDGsがキーワードになっていますが、三井住友カードは、健全なキャッシュレス社会の実現に向け、社会と向き合うことも大切にしているようです。

  • SMBC 三井住友カード
  • SMBC 三井住友カード
    Sumitomo Mitsui Card Company, Limited
Voice02

メンズメイクを
ビジネスシーンへ!

オルビス株式会社

使用シーンとしてビジネスまでを想定したオルビスのメンズブランド「Mr. Produced by ORBIS」。その真意は?「自分を飾り立てるためのスキンケアやメイクではなく、自分らしくいるための手段としてメンズコスメが広がっていくといいな、と考えています。例えば、ビジネスシーンでも、肌のコンディションを整えることは身だしなみのひとつと捉えることもできます。そして、自分の個性を表現する手段としても使ってもらえると思うんです」。同社のメンズブランド「Mr. Produced by ORBIS」タスクフォースリーダー山口直さんが語るように、近年メンズコスメはビジネスパーソンからも注目を集めています。「その変化は私たちも感じています。これまではスキンケアがメインだったのですが、今年はベースメイクやネイルも発売し、今後もその人の個性や魅力を引き出せるような商品展開も拡張していく予定です」。Tシャツと同じくメンズメイクも、ワークスタイルのひとつになるかも!?

  • ORBIS
  • ORBIS
    ORBIS Inc.
Voice03

先進的なワークスタイルを実践中
一方で「変わらないこと」も大切に

コクヨ株式会社

コクヨといえば文房具ですが、オフィスの環境づくりや働き方を提案するBtoBビジネスも展開しています。「私たちは常日頃から、お客様に快適なオフィスや今の時代にマッチした働き方を提案しています。「働く」に関連する事業を行っているわけですから、当然自社はそのお手本となるようなワークスタイルを確立していかなくてはいけない」とは、同社の『働き方改革タスクフォース』を担当する新居臨さん。「働き方改革タスクフォースというのは、コクヨ社内の働く環境を作っていくチーム。専門チームがあるくらいだから、弊社のオフィスはとても洒落ているんですよ(笑)」。もちろん、新居さんたちの仕事は洒落たオフィスを作るだけではありません。社内制度の整備や働く人と人の関係までを構築しています。「コクヨでは、すでに服装自由化、テレワークの恒久化を実現しています。今後も新しい生活様式に合わせて、どんどん働き方を改革していくことになるでしょう。ただし、なんでも変えていけばいいというわけじゃない」。実際、今回のプロジェクトでコクヨは、『本当の変化はこれから_でも、変わらないコトもある』という標語を掲げた社内用ポスターを制作しました。「働く人の個性や多用性を認めつつ、変化させていくべきこと、普遍的に変わらない価値観の両方を大切に考えていきたいですね」。

  • KOKUYO
  • KOKUYO
  • KOKUYO
    KOKUYO Co.,Ltd.
Voice04

変化する、しない、
自分たちで見極めていく

株式会社アカツキ

モバイルゲーム事業などで知られる株式会社アカツキは、最近働き方について新たな方向性を社内で共有しました。その内容は「リモートワーク推進、と急いで決断しない」です。リモートワークを推進する企業が増えていくなか、時流に逆行するような見える決定ですが、それにはこんな背景が。もともとアカツキは、雑談、食事、合宿などリアルでのコミュニケーションを大切に企業文化を作ってきました。喜怒哀楽はもちろん、言語化しにくい複雑な感情、例えば表情や雰囲気など身体感覚を共有することで、行間や余白も感じ取れる関係で仕事をしていました。それが、コロナの影響が深刻になってきて、安全第一に早々にリモートワークを導入することになったんです。」と広報室の鶴岡さん。ところが、やってみるとリモートワークも仕事内容によっては効率性が良かったり、生活と仕事のバランスを取りやすいなどメリットもあったそうです。「外出自粛期間の後、社内でアンケートを実施したんですが、通勤時間を読書などインプットの時間に充てることができたり、作業に集中できるなどのポジティブな意見もありました」。普通ならそのままリモートワークを推進するところですが、「本当にそれでいいのかな?って、社内で慎重に話し合いました」。ゲームという人の感情を震わせるエンターテインメントの仕事においては、企画段階などでディスカッションをすることも多い。そんな時、オンラインミーティングでは深い議論ができないこともあったそうです。「対面だからできる議論の気持ち良さには、オンラインはどうしても勝てない部分がある」。そんな意見も踏まえ、慎重に議論を重ねた結果が「リモートワークを急いで推進しない」でした。
「コロナのリスクが高いwithコロナの期間はもちろん安全が第一なので、リモートワークも含めた働き方を継続します。ただし、コロナの影響が一定収束する少し先の未来に向けては、オフィスに集まる価値や意義の本質も見据えながら、アカツキにとっての最適な働き方を実験的に模索していきたいです。それもルールで縛るのではなく、自由度のあるガイドラインで考えながら試しながら進んで行きたいと考えています」。

  • 株式会社アカツキ
  • 株式会社アカツキ
    Akatsuki Inc.
Voice05

フォーマルジャージーをベースに
スタッフTシャツ制作へ

株式会社ニューズピックス

現在、株式会社ユーザベースのグループ企業の株式会社ニューズピックスはナノ・ユニバースのTシャツをベースに、同社が展開するソーシャル経済メディア「NewsPicks」のロゴ入りTシャツを制作中。じつはNewsPicksでは、以前から有志が集い独自でデザインしたTシャツや、ロゴTを社内販売しており、好評を博していました。そのなかで、ナノ・ユニバースの新しいワークスタイルを標榜するアイテムがNewsPicksが大切にする「自由な働き方」のカルチャーにマッチしていることで興味を持っていただき、今回のコラボレーションが実現しました。気になるベースモデルは、フォーマルジャージーに決定。無地のモデルが人気のTシャツですが、企業ロゴが入るとまた印象が変わりますね。カッコイイ!

  • 株式会社ユーザベース
  • 株式会社ユーザベース
    NewsPicks, Inc.