2018AW special collaboration vol.1

AKI HIGASHIHARA × NISHIKAWA DOWN

AKI HIGASHIHARA
×
NISHIKAWA DOWN

コーディネート1 ブラックダウン コーディネート2 ブラックダウンコーディネート
グリーンダウン
コラボ西川ダウン コーディネート2 バックステージ パープル西川ダウン

SPECIAL INTERVIEW

- with AKI HIGASHIHARA -

ー 今回のコラボダウンのテーマは?

“二着目ダウン”。ダウンコートって、冬は当たり前のように着ているし、特に子どもと一緒にいる時は軽さと温かさが最重要なので手放せませんよね。私も含めてベーシックなデザインは誰もが一着は持っているだろうから、羽織るだけで一気に洒落ちゃうようなトレンドデザインで、かつ合わせやすい、そんなダウンが欲しくて作りました。二着目ダウンとして是非選んで欲しいです。



ー こだわりのポイントは?

トレンドでもあるオーバーサイズのカラーダウンが欲しくて。着ぶくれしがちなサイズ感だからこそスタイル良く見えるように丈の長さに前後差をつけたり、厚手のトップスのときもストレスなく着られるようにアームの太さのバランスをとことんこだわりました。
もちろんカラーもこだわっていて、私の好きな色であるパープルと、合わせやすいグリーンは、品の良さと挑戦しやすい色味を重視してチョイスしました。ブラックは既に持っているという人でも、また一味違った雰囲気を楽しめるデザインなので、定番ブラックアウターの更新版としてお勧めしたいです。
そして、ネームタグ。カラーやデザインも一から考えました。真面目な話、このロゴに意味は持たせていないのですが、ダウンがラックに掛かっている画を想像して、テンションが上がるような可愛い色と文字列を考えました。意味よりも字面の可愛さ重視で、完全に私好みのロゴをつくっちゃいました。



ー おすすめのスタイリングは?

私はデニムが好きなので、3色ともカジュアルなデニムスタイルは是非お勧めしたいです。
ルーズなワンピースに、襟抜きで着崩す雰囲気も可愛いですよ。パープルはとっても存在感がある色だからこそ、カジュアルに振り切って着て欲しいです。グリーンはチェックとの相性が良いので、冬チェックでほっこりと。ブラックはオールブラックコーデでハンサムに着こなすのがおすすめです。



東原 亜希

- Aki Higashihara -

1982年神奈川県生まれ。夫は柔道家の井上康生氏。
現在は4児の母で、主に雑誌VERY(光文社)にてモデルとして活躍中。
ママや子ども向けの食品やコスメをプロデュースし、
そのライフスタイルは同世代の女性から絶大な人気を得ている。

東原亜希さんトークイベント開催!

11/3(土)@名古屋ラシック

東原亜希さんコラボダウンを、ナノ・ユニバース公式オンラインストア又はナノ・ユニバース各店舗にてご購入いただいたお客様を対象に、スペシャルトークイベントへご招待いたします。イベント詳細や応募方法は下記よりご確認ください

応募フォームはこちらから
 

※ 10/5(金)より公開予定です。

model Aki Higashihara / styling Takashi Ikeda / hair&make Kazumi Kikuchi / direction Miku Nishizawa /
photo・design・text nano・universe /

Special thanks_TOKYO TOWER