2018AW special collaboration vol.2

YURI EBIHARA × NISHIKAWA DOWN

YURI EBIHARA
×
NISHIKAWA DOWN

グリーンダウン ブラックダウン コーディネート2 ブラックダウンコーディネート コーディネート2 バックステージ グリーンダウン

SPECIAL INTERVIEW

- with YURI EBIHARA -

ー 今回のコラボダウンのテーマは?

“幅広い層の女性に着てほしいダウン”。ダウンはカジュアルなイメージだったので、きれいめにも着られるものが作りたかったんです。思い返すと私自身あまりダウンを着ないですし、同じような方たちへ新しいダウンの形を提案したくて。ダウンの良さも生かしつつ、誰が着ても似合うように、取り入れやすいデザインにしました。



ー こだわったポイントは?

細身すぎず、オーバーサイズすぎず、きれいなシルエットが出るように何度も何度も調整しました。裾にダウン素材があることでボリュームが出るので、襟もとをすっきりさせてバランスを取り、ボタンなどの装飾も極力なくすことでシンプルに仕上げました。切り替えのダウン部分の生地をマットな質感にして、ウールとのバランスを取ってシックな印象で着られるようにしたのもこだわったところ。
裾に軽いダウン生地がくることで足さばきが良くなってアクティブに動けるし、セットのダウンマフラーはほどけて下に落ちてきたりすることがないようにマジックテープ仕様にして、両手がふさがっていてもストレスなく使えます。子どもを連れてお出かけするママにも是非おすすめしたい1着です。



ー おすすめのスタイリングは?

万能なブラックは通勤にも使えるし、カジュアルなコーディネートにも合うし、どんなテイストでもしっくりくると思います。私ならワイドパンツに合わせて小物で色遊びを楽しみたいな。キャメルはブラックのタートルにスリムパンツ、足元はバレエシューズでフレンチカジュアルに仕上げるのもおすすめ。上品な色なので、シンプルなコーディネートでも様になると思います。



蛯原 友里

- Yuri Ebihara -

宮崎県出身のファッションモデル。
女性が憧れるファッション誌「CanCam」「AneCan」「Domani」の専属カバーモデルを経て、現在は「Marisol」「LEE」「otona MUSE」などに出演。日本を代表するモデルとして活躍の場を広げる。これまで、ファッションアイテムのプロデュース、ウェディングドレスのデザインなど、さまざまな商品開発にも携わり、2014年ハーバルセラピストの資格を取得。
翌年、内面から美しくなりたいすべての女性へ向け「きれいになるハーブ」を出版し、毎日を豊かに過ごしている。

model_Yuri Ebihara
styling_JURIKA.A
hair_Dai Michishita
makeup_Kazuko Hayasaka(W)
direction_Miku Nishizawa
photo, design, text_nano・universe

Special thanks_The Place Of Tokyo