人、仕事、そして服。

ワークを再構築してアイテムをデザインしている<LB.02 ビブリオグラフィー>の新作を、さまざまな業界の第一線で活躍する4人が身に纏った。着心地や素直な感想、仕事への姿勢から普段の服選びまで、それぞれの視点を探る。

Photos: Yuto Kudo
Edit: Ayako Tada, Rhino inc

Kyoko

ヘアメイクアップアーティスト

雑誌や広告、女優やアーティストなどのヘアメイクを中心に幅広く活躍中。
Instagram:@kyontokio

Kyoko / ヘアメイクアップアーティスト
Kyoko / Hair & Make-up Artist

- ジャンプスーツを着こなしてらっしゃいますね。
元々好きなんですよ、ジャンプスーツ。でもなかなか“コレ”ってものには出会えなくて。今日着ているものはシワになりにくそうな素材だから、撮影現場でも気にせずガシガシ着られそうです。一枚で着てもレイヤードしてもハマりそうですしね。
- 仕事中はどんな服装が多いのでしょうか?
黒い服ばかり着ていたのですが、年齢を重ねるにつれて、テンションの上がる服を選ぶようになりました。働く上でのモチベーションのひとつですね。現場に合わせてその日のコーディネートを考えるのって、とても楽しいんですよ!
- この春夏に着たい服は?
明るい色のシャツやブラウスですね。レイヤード無しで1枚でサマになるような。あとはデニム好きでかなりの本数を持っているのですが、今の気分は俄然ハイライズ。インディゴブルーの濃いめの色を穿きたいですね。

Kyoko

ヘアメイクアップアーティスト

雑誌や広告、女優やアーティストなどのヘアメイクを中心に幅広く活躍中。
Instagram:@kyontokio

山口香織

フローリスト

2016年に「VEIN」を千駄ヶ谷にオープンし、今は移転準備中。
現在はオンラインメインで生花を取り扱う。展示会の装飾や店舗のディスプレイなども手がける。
Instagram:@veintokyo

山口香織 / 「VEIN」フローリスト
Kaori Yamaguchi / “VEIN” Florist

- 働く上での服選びのポイントは?
動きやすさです。タイト目なものはあまり選ばず、ゆったりしたものを選ぶようにしています。手元を動かすことが多い仕事なので、袖がもたついていない、スッキリとしたシャツなんかが好きですね。下はパンツスタイルが多いです。
- 今日はワンピースですが、いかがですか?
普段と違ってドキドキしましたが、新鮮な感じで良かったです。胸元が大きく開いているので、インナーで色々と変化を楽しめそうですね。今日のインナーはピタッとしているのに風通しが良くて、仕事着としてもいいなって思いました。
- カバーオールの着心地はどうでしたか?
夕方に冷え込みがちな今の時期にちょうど良いですね。デニムジャケットって難しいのかなと思っていたんですが、この形のジャケットなら他のアイテムとも合わせやすそうです。袖のもたつきもないので、仕事着としてもアリだなと思いました。

山口香織

フローリスト

2016年に「VEIN」を千駄ヶ谷にオープンし、今は移転準備中。
現在はオンラインメインで生花を取り扱う。展示会の装飾や店舗のディスプレイなども手がける。
Instagram:@veintokyo

梨本威温

振付師

ミュージックビデオ、CM、ライブなど、その活動は多岐に渡る。
東京パラリンピックの開会式と閉会式では振り付けチームに参加するなど、さらに活躍の場を広げている。
Instagram:@nashitake

梨本威温 / 振付師
Takeatsu Nashimoto / Choreographer

- 今日の服、いかがでしたか?
ゆったりとしているから、着ていてとても楽でした。ジャケットは一見タイトなのかなと思ったんですが、背中が広めでアームホールも大きめだったから、リラックス感がありましたね。着ている感じはリラックス、見た目はドレッシー、そんな印象を受けました。
- 普段はどんなスタイリングが多いのでしょうか?
上下どちらかがゆったり、どちらかがタイト、そんなバランスで普段から洋服選びをしています。動くことを生業としているので、着用時のリラックス感・動きやすさは、服選びにおいて欠かせないポイントです。
- 仕事とプライベートで服を変えますか?
割と普段着のままってことが多いんですよ。靴だけ変えてね。だからこそ、常にリラックス感は大事にしていて、すぐに踊れるってことが僕にとっては最重要。踊るともちろん汗をかくんですが、このデニムのセットアップは洗濯してもクタっとせずに、綺麗なシルエットを保ちながら自分に馴染んでいきそうですね。

梨本威温

振付師

ミュージックビデオ、CM、ライブなど、その活動は多岐に渡る。
東京パラリンピックの開会式と閉会式では振り付けチームに参加するなど、さらに活躍の場を広げている。
Instagram:@nashitake

松澤肇

シェフ

世田谷区深沢のビストロ「arc」にて手腕を振るう。
他にもイベント・撮影時のケータリングや、ご自宅に伺ってコース料理を振る舞う出張シェフとしての一面も持つ。
Instagram:@hajimematsuzawa_chef

松澤肇 / シェフ
Hajime Matsuzawa / Chef

- コーチシャツがとてもお似合いでした。
照れます(笑)。普段からシャツを着ることが多くて、厨房にいる時は必ずシャツなんです。火を扱うので、薄手のシャツを腕まくりして働いています。動きやすさは絶対条件なので、今日着たシャツのように、ゆったりとした服はありがたいですね。
- 仕事着としてのシャツ選びに基準はありますか?
実はあえてキチっとし過ぎないようにしてるんです。お客様も身構えちゃうじゃないですか? なるべくカジュアルにお店を利用していただきたいので、どこかポップでカジュアルであることは、仕事着を選ぶ上で重要です。このシャツはシワ加工が施されていて、シャツでありながら柔らかい印象なので、とても良いなと思いました。
- 太めのパンツはあまり穿かないと伺いました。
そうなんです。自分にはハードルが高いなと思って敬遠してたんですが、今日でそのイメージも払拭されました。こんなに穿きやすくて、シャツとの相性も抜群なんですね。お店でも問題なく着られそうなので、今後は躊躇わずに着たいです。

松澤肇

シェフ

世田谷区深沢のビストロ「arc」にて手腕を振るう。
他にもイベント・撮影時のケータリングや、ご自宅に伺ってコース料理を振る舞う出張シェフとしての一面も持つ。
Instagram:@hajimematsuzawa_chef